×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

なめこさん画・芸能通クイズマスコットキャラクター・だよもん星人
■芸能通10周年コラム
(6)肖像画の歴史

 芸能通を語るときに欠かせないのかもしれない。
 いつの間にか「掲示板アイコン的物」として不可欠になった「肖像画」。

 自分的にはルールがあって、
 ・白黒の100×100ピクセル
 ・スケッチブックに鉛筆で描いたもののスキャン
 ・被写体の顔部分と、その名前を入れる
 ・被写体は日常のなかで無作為に選ぶ
 ざっとこんな感じのルールを決めています。

 A5のスケッチブックをいつも使っています。
 1ページに多くて4つ、大作風になると1つ。


※最近では2〜3体が多いです

 特にお気に入りのキャラクターを描きたくなって描いちゃったぜ、みたいな例だとでっかくなりがちです。
 以前は全ての原画を残していたんですが、結婚の際実家に置いてきてしまい、その後捨てられたようです。

 進呈した肖像画のいくつかは、ブログやmixi、ツイッターなんかでアイコンに使用されているようで、描いた自分としても有難い。

 犬丸さんから頂く肖像画のなかで、いくつかは没になってるものもあります。
 多くは、被写体が全く分からなかった場合。またマニアックすぎるかな?と思った場合。
 ただ、後になって「あれ、こんなの貰ってたんだ」と気付く位、保存場所を間違えて埋もれたものもいくつか存在します。
 小出しにひょんな時期に採用されることも、あるかもしれません。

 肖像画一覧を見て、思い入れがあるもの、エピソードがあるものをいくつか。

 最初の4つ・・・ハヌジ・キヌカムーラ〜霧島先生は、コミック系のイベントに出店してた時代にやってたミニコミ誌のイラストから。Kanon・AIRの4コマを描いてて、そこから切り取ってます。
 
 早川健(没)・・・最初に描いてたもののなかには実はズバットが入ってたんですが、消しゴムがけ中に汚れてしまって没に。出来も悪くなかったのが残念。超初期の肖像画は非常に原画のサイズが小さく、縮小しても粗が目立ちますね。確かA5の1ページにみっしり8体くらい描かれていました。

 鈴木保奈美・・・一つだけ異彩を放つ、空条HYO太郎ヲさん(http://www.mohorovicic.com/)画のもの。山藤章二の似顔絵塾のような、自分には出来ないセンスです。

 高田純次 ・・・いくつか失敗したものは?と問われると、必ずこれが筆頭候補に挙がります。「えなりかずき」「布袋寅泰 」「すたすたの松坊主」あたりが初期の失敗肖像画四天王でしょうか。

 フランキー・・・かなり後に「芸能通の出題でもっとも肖像画として使われてないのは?」を調べたところ、堂々の1位はアカギと決定したのですが、その後数人の努力でアカギ出題やらが多発し、現在のところこの肖像画が一番使われていないはず。出典はゴルゴ13に出てくる貫禄のないニセゴルゴです。あっさり殺される1話限りのマイナーキャラなのであります。読めば、「ああこいつ愛らしいなあ」と思うのだけどねー。

 ベガ・・・「一番好きな肖像画は?」と聞かれるとこれかもしれません。初代ストIIで初めて目の当たりにしたときに感じた胡散臭さとそこはかとなく漂うパチモノ臭が、如実に感じられる出来です。必殺仕業人2009のトップ装飾にも使用しました。

 シスタープリンセス12人の妹・・・なめこさん作。100×100に納めるのに苦労しました。いくつか頑張って納めてたりします。

 谷夫妻・・・犬丸さん作。タッグトーナメントの賞品用で、メールで送られてきたときのけぞった記憶があります。あまりの亮子の迫力に。

 神尾観鈴・・・初めて原画がA5のスケッチブックの1ページ丸ごと使ったのを覚えています。これに関しては原画のほうが迫力があったな。東京のオフ会に持っていって、出席者の目を奪っていた事を思い出します。

 オシム・・・絵を描くのは本当に調子が乗っているときしか描かないのですが、これと右のアシュラマンの母親は本当に調子が悪いときに無理して描いたもの。あまりにひどいのでお蔵入りにしており、後日ちゃんとした調子のときに描きなおしたものも存在します。


※上が描き直す前、下が描きなおしたもの。

 いとしさ、切なさ、心強さ・・・上述のミニコミをやってたときに描いた四コママンガに出てきたキャラクター。いとしさ、切なさ、心強さ・・・3人の侍たちは過ちを恐れずに諸国を進むという。人はその姿をして「これぞ無敵の小室進行」と恐れをなしたという・・・肖像画だけ見るとなんのこっちゃいなので、ここに記しておこう。

 ガンジー・・・永い間ibbs.cgi形式のAIRで、ランダム肖像画として親しまれた幸運のアイコン。「到底到達することのないナンバー」として「shozo200.gif」のナンバリングを振られていたが、まさかのまさかで到達されてしまうとは。なぜガンジーだったのかは今もって謎。

 コモロくん・・・うちの嫁作。嫁は動物系のキャラクターを描くのが大好きです。

 大野晶・・・最近描いた1ページ大の大作。思い入れってやっぱでかいのだ。

※原画はこんな感じです

 肖像画は、自分・犬丸さんのほかにも「描ける!」と自信のある方であればどなたでも、トップページのメールアドレスのほうに送って来てください!
 採用・不採用はありますが、臆せずカモンです。よろしくお願いします。